忍者ブログ

不連続とか射手のダイアリー

レビュー 吉田康弘 『究極のパス上達理論』 ~正確な「予測」と「判断」が行える選手を育成する12のヒント~ [YY0001]

吉田康弘 『究極のパス上達理論』 ~正確な「予測」と「判断」が行える選手を育成する12のヒント~ [YY0001]の良いところや実践についてチェックしたい人は、こちらのページが役立つ場合があります。


吉田康弘 『究極のパス上達理論』 ~正確な「予測」と「判断」が行える選手を育成する12のヒント~ [YY0001]の評価や実際に関連することが記載されている場合があるので、よろしければ、ご覧ください。


また、この情報商材に関係する詳細事項が気になる方は、以下に掲載の詳細情報が購入の際に役立ちます。


  • E-BOOK名:吉田康弘 『究極のパス上達理論』 ~正確な「予測」と「判断」が行える選手を育成する12のヒント~ [YY0001]
  • e-book説明:なぜ、この12種類の練習で、ディフェンスのプレッシャーを受け流し、トラップからパスへの流れるような動きを身に付けられるのか?サッカーの基本技術は、「止める・運ぶ・蹴る」の3つと言われています。ここで、ある「一つの疑問」がわいてくるのではないでしょうか。それは「上手くなるには、いったい何から練習すればいいの?」ということ。わたしが、鹿島アントラーズに所属していたとき、子どものころから憧れていた『ジーコ』と同じピッチでプレーしたことがあります。試合中の彼のプレーは、驚くほど安定しています。たとえディフェンスに強いプレッシャーをかけられた状況でも決して乱れることはありません。その安定したプレーの秘訣が知りたくなったわたしは「なぜ、そんな安定したプレーができるのか?」とジーコに聞いてみたのです。そこで、彼はあることを教えてくれました。それは、サッカーが上手くなるための「一番大切なこと」。「サッカーは、ボールを止める・蹴るがすべてだ」と。ボールを止める・蹴る。つまり「トラップとパス」です。サッカーの練習で、パスの基礎を教えるとき、「止めること」と「蹴ること」にわけて指導しているのをよく見かけますが、この方法で身につけたパスは、試合ではまったく通用しません。一つ一つのプレーを丁寧にやると、「止める」動きと「蹴る」動き、つまり、パスをだすまでに「2つのプレー」をおこなうことになり、無駄な動作がトラップからパスへの動きを阻害することになってしまうのです。試合でディフェンスのプレッシャーを受け流し、ボールを取られないためには、これらを「1つのプレー」でおこなうべきなのです。一見すると同じに見える基礎練習でも、次のプレーを考えて練習しているかどうかで、まったく違った質の練習に変わります。これは、派手なトレーニングでもありませんし、特別なトレーニングでもありません。しかし、子どもからプロサッカー選手まで、上手な選手は毎日やっている「本物の力」が身につくトレーニングです。この12種類の練習が、あなたに『ボールを止める・蹴る』ことの本当の目的と意味を教えてくれるのです。 【DVD3枚組 総収録時間:168分】
  • 販売者情報:株式会社リアルスタイル Real Style
  • 商品販売者公式WEB


上で案内した情報商材は、インフォトップという企業の販売ルートを利用してダウンロードで入手可能ですが、インフォトップというサイトは、電子書籍のインターネット通販企業では、一番の実績を誇り、信頼性も万全のネット通販会社であるため、実用教本の通信販売が経験不足の方でもスムーズにネット通販をエンジョイできるのではないでしょうか?


また、当記事の主題の吉田康弘 『究極のパス上達理論』 ~正確な「予測」と「判断」が行える選手を育成する12のヒント~ [YY0001]に関係するニュースが入手できたら、追記するので、どうぞご覧ください。


Whole YouTube
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R